ほんのひと時現実を離れ2019/1/25

こんにちは。
お正月休みに3日連続で映画館に通いましたので、
感動をお裾分けします。

それだけが、僕の世界◆(韓国)

ダスティン・ホフマンとトム・クルーズの
「レインマン」を彷彿させるストーリーです。

語り古された「家族の絆」のお話ですが、
大スター★=イ・ビョンホンの演技に魅了され、
心が揺さぶられます。

孤独や苛立ち、憎しみや後悔など、
瞬間的な描写は日本映画も優れていますが、
心の移ろいを表現する細やかで重厚な演技力は、
韓国の俳優には敵いません。

日日是好日◆(日本)

原作は森下典子のエッセイ
「日日是好日 「お茶」が教えてくれた15の幸せ」です。
樹木希林さんの鷹揚さと気品が作品全体を包み、
主演女優 黒木華さんのみずみずしい若さは、
幽玄の美に感じ入る表情とともに際立っています。

エッセイには五感が研ぎ澄まされる
美しい言葉が散りばめられています。
読後感に癒されるお薦めの一冊です。

アリー/スター誕生◆(アメリカ)

かつてバーブラ・ストライザンドも演じた
リメイク版をレディ・ガガが熱演しています。
第91回アカデミー賞にノミネートされ、
大本命の呼び声も高いのですが、私は
「ボヘミアン・ラプソディ」に一票です。

スターダムに駆け上がるストーリー展開が急過ぎて、
少々雑な印象でしたが、ライブ感あふれるシーンで
「Shallow」を歌うガガ様の美声には感動です。

映画を観ると本当に豊かな気持ちになりますね。管理部えのきぞの

PAGE TOP