メンテナンスリースとは【車両の購入から維持、管理までのトータルサービスを受けることができるアウトソーシング効果の大きいオートリース契約】のことです。

メンテナンスリス導入による“3つの大きな効果”

1 全てのコストを明確することが出来ます
メンテナンスリースを導入することにより、毎月のリース料で、その車両に関するコストを明確にすることができます。

例えば・・・
車両をローンで購入した場合、月々の支払額はリース料のほうが高額になることもあります。
しかし、「減価償却費」「自動車税」「自賠責保険」「重量税」「メンテナンス費」など全ての車両管理費を考慮すると、オートリースは車両買取よりもコスト削減でのメリットが大きいのです。
2 車両に関するコストを削減することが出来ます
メンテナンスリースのリース料は損金処理が可能な為、節税になりキャッシュフローが良くなることで外部からの信頼がさらに良くなります。
これに伴い、さらに効果的な経営計画⽴案が可能となります。

また、下図のようにリース会社ならではの各費用でのメリットもございます。
“車両代⾦” “登録費⽤” “メンテナンス費”などがその一例です。

3 車両に関する管理業務を合理化することが出来ます
1台の車両を所有するとメンテナンス・税金・保険など様々な業務が発生し、さらに自動車ディーラー、保険会社、
修理工場など多くの企業との関係が生じます。

メンテナンスリースにより、それら複雑な業務を一元化でき、人的・資金的負担を大幅に軽減することができます。
もちろん、通常業務だけではなく、故障等のトラブルや交通事故などの突発事項にも窓口1本で迅速に対応することができます。

※事故対応は自動車保険も当社で依頼された場合に限ります

メンテナンスサービス内容

規約に基づき以下のメンテナンスを実施いたします。詳しくはスタッフにお問合せください。

内容 詳細
スケジュール点検 3ヶ⽉毎に巡回サービスカーで、安全点検に伺います。
法定点検整備 道路運送⾞両法による法定点検整備(6ヶ⽉、12ヶ⽉点検)を実施します。
継続⾞検整備 継続検査取得の為の点検整備、検査⼿続きを⾏います。⾞検満了1ヶ⽉前に⾞検のご案内をします。
⼀般整備・故障修理 通常使⽤中に発⽣する故障修理および部品の交換を⾏います。
(但し、パンク修理はスペアタイヤに履き替え、指定サービス⼯場に持ち込まれた場合に限ります)
オイル交換
(油脂類交換補充)
お客様の⾛⾏距離に応じて弊社交換基準に基づきオイル交換を実施します。
バッテリー交換 ⾃然劣化に応じて交換します。但し、⾃然劣化以外の交換はお客様負担となります。
タイヤ交換 磨耗度に応じて交換します。但し、契約外の交換はお客様負担となります。
各種消耗品の交換 ワイパーゴム、バッテリー液、各種ベルト類などの各種消耗品は、⾛⾏距離および経過期間など、
所定の基準で交換および補充を⾏います。
代⾞サービス 整備で⼯場に⼊庫する場合に代⾞が必要なとき、初⽇から当社がご⽤意できる⾞両を無料でご提供いたします。但し、事故等は除きます。

PAGE TOP